BOOKS LIFE

【チーズはどこへ消えた?から学ぶ】これからの社会の急激な変化に僕たちはどう動くべきか

2020年3月1日

さくれ
こんにちは、さくれ(@sakure_blog)です!

 

将来が不安…
自分はこのままで大丈夫なのかな…

本記事では、このような不安を解消します。

 

✔︎ 本記事の内容

  • 「チーズはどこへ消えた?」について
  • 「変化」とは何か?
  • 現代の社会と今後の社会に起こる変化ついて
  • 社会の変化に対する僕たちのアクションプラン

 

主な内容としては、これからの社会で起こるであろう変化に対して僕たちはどう動くか?ということについてお話していきたいと思います。

 

これからの社会で起こるであろう変化とその変化への対応を知っておかないと、社会の変化においていかれてしまうかもしれません。

 

この記事を読めば、今後社会で起こる変化について、そしてその変化にどう対応していけば良いかわかります。

 

ぜひ最後までご覧ください。


チーズはどこへ消えた?:概要

まずは「チーズはどこへ消えた?」という本の概要からお話ししていきたいと思います。

 

この本を一言で表すと、変化とは何か?変化にはどう対応していけば良いのか?ということを教えてくれる本です。

 

この本はチーズと2人と2匹のネズミという登場人物を使って、社会を風刺する寓話となっています。

 

2人と2匹は、それぞれ人間の単純さと複雑さを象徴していると本の中では述べられています。

 

これといってはっきりとは述べられていませんが、個人的な見解だとチーズは人間の成功や快楽といったものを象徴しているのだと思います。

 

そして作品は3部構成になっていて、本編の物語の前後に現実世界のディスカッションが入っているという構成になっています。

 

本記事では、この本編の物語にスポットを当ててお話ししていきます。

 

 

そもそも変化とは何か?

みなさんは「変化」と聞くとどのようなイメージを持つでしょうか?

 

変化とはいいことでしょうか?悪いことでしょうか?

 

結論から言うと、変化は何かを失う訳ではなく、何かを得るという良いものです。

 

ただし、変化によって損する人がいることも間違いありません。

 

進化論で有名なかのダーウィンもこう言っています。

生き残る種とは、最も強いものではない。

最も知的なものでもない。

それは、変化に最もよく適応したものである。

 

つまり、変化を察知できずに適応できなかった人は落ちぶれていってしまいます。

 

逆に言えば、変化を察知して、しっかり適応すれば何かを得ることができるということですね。

 

変化はいい意味でも悪い意味でも分岐点

 

あなたは変化をどっちにしますか?

 

 

現代の社会と今後社会に起こる変化について

現代の日本社会が衰退に向かっていることは、みなさんご存知だと思います。

 

少子高齢化がその代表例と言えるでしょう。

 

なんだ、そんなこと知ってるよ

 

と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、おそらくみなさんが思っている以上に日本の社会は変化していくかもしれません。

 

例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 大企業の早期リストラ(45歳)
  • AIのによる仕事の代替(シンギュラリティ)
  • 5Gの登場による動画全盛期の到来
  • VR空間の普及

 

このほかにもさまざまな変化が起きると言われています。

 

正直これらについて1つでも知らないことがある人は、もしかしたら今後の社会の変化についていけないかもしれません。

 

 

大企業の早期リストラ(45歳)

大企業は現在でも早期リストラを行なっている企業がいくつもあります

 

AIなどが台頭していく中で、スキルのない人材はどんどん淘汰されていきます。

 

いい大学に行って、大企業に入ってというのが安泰ではなくなってきているということです。

 

終身雇用や年功序列は崩れ、窓際族とかWindows2000とか呼ばれる人たちはどんどん居場所がなくなるでしょう。

 

それらに伴って学歴の価値も薄れ、個人のスキルが重視される時代がきます。

 

また、2018年に解禁された副業も今後ますます拡大し、会社に依存するのではなく個人で稼ぐ時代がくるのもそう遠くはないです。

 

 

AIのによる仕事の代替(シンギュラリティ)

今後AIが台頭してるというのはみなさんご存知だと思います。

 

じゃあ具体的に言うとどうなっていくのかというと、従来の人が行なっていた仕事がAIにとって変わるというものです。

 

今までなら人の手がかかっていたところを、AIが代わりにやってくれるのはとてもいいことです。

 

ですが、これは今まで人がやっていた仕事がAIに奪われるということでもあります。

 

簡単に言うと、これをシンギュラリティといいます。(厳密には違うかもしれないが)

 

2045年には今の仕事の大半が奪われるのではないかといった推測もされています。

 

 

5Gによる動画最盛期の到来

現在私たちが使っているネット回線は4Gと呼ばれるものです。

 

これが2020年に5Gへと置き換えられると言われています。

 

4Gと5Gの違いは何かと言うと、通信速度が圧倒的に違うというところです。

 

特に5Gは動画コンテンツにおいて変化をもたらすといわれています。

 

今までであれば、4G回線でYouTubeなどを見すぎると、通信制限にかかってしまいました。

 

ですが5Gであれば、通信制限を気にせず動画を見ることができるようになるといわれています。

 

これによって、YouTubeをはじめとした動画関係のものが全盛期を迎えます。

 

ちなみに4Gが登場した際は、あのヒカキンさんがYouTuberとして大ブレイクした時期でもあります。

 

今でも動画編集の副業なんかも熱いですね。

 

 

VR空間の普及

VRというものに馴染みがない人は多いでしょう。

 

VRとはバーチャルリアリティの略称で、簡単に言うと現実世界とは別の仮想空間のことを指します。

 

今だとヘッドセッドをつけて、あたかも自分が違う空間にいるように感じられるものです。

 

VRは動画コンテンツの普及よりも若干遅くはなると思いますが、近いうちに普及していくといわれています。

 

特にゲーム関係でVRがどんどん普及していくでしょう。

 

プロゲーマーと呼ばれる人たちが増えて、ゲームを仕事にする人が増えていくかもしれません。

 

 

 

社会の変化に僕たちはどう動くか

ではこのような変化に対して僕たちはどのように動いて行けば良いのでしょうか?

 

例えば以下のようなアクションプランがあります。

  • 自分から情報を手に入れる
  • 新しいことに挑戦し続ける

 

 

自分から情報を手に入れる

まずは自分から情報を手に入れるということです。

 

まず前提として現代の社会では情報が溢れかえっています。

 

当然自分にとって関係のないような情報もたくさん流れてきます。

 

特にテレビが顕著です。

 

芸能人のゴシップがどうたらこうたらとか、正直いって全く自分にとっては関係ありませんよね?

 

それにもかかわらず、多くの人がそのようなニュースに言及しています。

 

もっと知るべき情報があるのに、どうでもいいような情報に目を向けるのは時間の無駄です。

 

Twitterでもインスタグラムでも、もちろん楽しむぶんにはかまいませんが、自分とは関係のないことに時間を使いすぎるのはやめた方がいいです。

 

情報が簡単に手に入る時代だからこそ、手に入れる情報よりも捨てる情報を選択することが大事です。

 

自分に必要な情報にアンテナを向けて、いらない情報はバッサリ捨てましょう。

 

そうすれば小さな変化に敏感になって、きっと大きな変化にもうまく適応できます。

 

 

新しいことに挑戦し続ける

次は、新しいことに挑戦し続けるということです。

 

前提として、人間は安定した場所が好きです。

 

その安定にしがみつきたくなるというのが、人間の性なので仕方がありません。

 

ただ、周りの環境が絶えず変化しているにも関わらず、自分が変わらなかったら大変なことですよね。

 

ですが、新しいことに挑戦するのは怖いです。

 

どうしても失敗したらどうしようと考えてしまうからですね。

 

つまり、動いても闇、動かなくても闇といった感じでしょうか。

 

ただ、動いた場合の闇は動かない場合の闇とは少し違います。

 

新しい方向に進めば、新しい成功が見つかります。

 

すぐに見つからなかったとしても、その成功をつかんでいる自分を想像すればいつか実現します。

 

かの有名なウォルト・ディズニーもこのように言っています。

夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。いつだって忘れないでほしい。すべて一匹のねずみから始まったということを。

 

いままでと同じことをしていては、いつまでたっても成功を見つけることはできません。

 

何より、何もないままでいるより迷路に出て探していた方が安全ですね。

 

恐怖は乗り越えれば楽な気持ちになります。

 

じゃあ、具体的にはどんなことをはじめたらいいの?

 

と思う方もいるでしょう。

 

ブログだったり、プログラミングだったり、動画編集だったり、せどりだったり、海外一人旅だったり…と大学生が挑戦できることはたくさんあります。

 

ですが、新しいことを始めるにはリスクやコストがかかるのも事実です。

 

リスクもコストもかからずはじめられる長期インターンシップというものがありますので、長期インターンシップについて詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

 

【大学生向け】長期インターンシップはおすすめ?〜探し方・注意点〜

 

 

社会の変化に僕たちはどう動く?:まとめ

本記事では以下の項目を中心に、変化とは何か?変化に対してどのように動いたらよいか?という点についてみてきました。

ポイント

  • 変化とは、何かを失うことではなく、何かを得ることである。
  • 自分から情報を手に入れ、新しいことに挑戦し続けて、うまく変化に適応しよう!

 

本記事で紹介した内容は、本の内容のほんの一部です。

 

ぜひ自分で「チーズはどこへ消えた?」を読んで、さっそく自分から情報を手に入れてみてください。

 

薄くてこの内容なのでコスパ最高です。

 

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-BOOKS, LIFE

Copyright© さくれ BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.