LIFE

iCloudの容量が足りない?〜容量を増やすべき4つの理由から料金・購入方法まで解説〜

2020年3月16日

さくれ
こんにちは、さくれ(@sakure_blog)です!

 

・iCloudのストレージがいっぱいなんだけど、どうすればいいの?

・容量を気にせずiPhoneを使いたい!

本記事は、このような疑問にお答えします。

 

iCloudは、Appleが提供しているクラウドサービスのこと。

 

iPhoneユーザーであれば、5GBまでは無料で使用できるのですが、5GBでは足りないという人も少なくありません。

 

今回は、そんなiCloudの容量を増やすべき4つの理由を中心に詳しく解説していきます。

 

本記事を読めば、よりお得にiCloudを使いこなすことができます。

 

✔︎ 記事の内容

  • iCloudの特徴
  • iCloudの容量不足の2つの解決策
  • iCloudの容量を増やすべき4つの理由
  • iCloudの容量の購入方法

 

 

 

iCloudとは?

iCloudとは、写真や音楽などをバックアップしておくことができるストレージを指します。

 

Appleユーザーであれば、AppleIDを使ってiCloudアカウントを作成し、無料で5GBを使用することができます。

 

またWindowsのPCでも、専用のソフトをダウンロードすることで、iCloudを使用することが可能です。

 

ですが、写真や音楽、書類やビデオなどをある程度ストックしていけば、5GBはすぐになくなってしまうぐらいの容量。

 

iPhone本体にもストックできますが、デメリットもあります。

 

機種変更をしたり、本体をなくしてしまった時は非常に困ります

 

 

iCloudの容量不足を解決する2つの方法

 

iCloudの容量が足りない時の解決策は以下の2つ。

  • iCloud内のデータ量を削減する
  • iCloudの容量を増やす

 

では順に説明していきますね。

 

 

iCloud内のデータ量を増やす

1つ目の解決策は、データ量を削減することです。

 

当たり前かもしれませんが、1番簡単な方法ですね。

 

容量が足りない場合は、初めにいらないデータを削除しましょう。

 

ですが、既存のデータをあまり消したくない人も多いはず。

 

そんな人はiCloudの容量を増やしてしまうのが手っ取り早いです。

 

 

iCloudの容量を増やす

2つ目の解決策は、iCloud自体の容量を増やしてしまうことです。

 

いらないデータを削除しても、容量が不足する場合は容量を追加してしまいましょう。

 

容量を増やすことによって、iPhoneをゆとりを持って使うことができますよ。

 

その理由は以下で詳しく解説します。

 

 

 

iCloudの容量を増やすべき4つの理由

iCloudの容量を増やすべき理由は以下の4つ。

  • USBよりも便利
  • バックアップを取るのが簡単
  • スマホでも開ける
  • 格安の月額料金

 

では、順にみていきます。

 

USBよりも便利

データを保存しておく手段としてUSBを使っている人も多いです。

 

たしかに、USBにはUSBの良さがあるものの、やや不便な印象。

 

USBと比較して、iCloudのメリットは以下の4点。

  • なくさない
  • 壊さない
  • いろんな端末で開ける
  • 値段はそんなに変わらない(1年間使用した場合)

 

少なくとも個人で使用する場合には、iCloudの方が便利です。

 

 

バックアップを取るのが簡単

iCloudでは、バックアップを取るのがすごく簡単です。

 

バックアップは万が一の時に備えて必ずとっておきたいもの。

 

iCloudは手動でバックアップも取れますが、自動でバックアップを取ることも可能です。

 

自動でバックアップをとるには、以下の条件を満たせばOK。

  1. 「iCloudバックアップ」がオン
  2.   電源に接続されている(充電中)
  3.   Wi-Fiに接続されている
  4.   画面がロック状態
  5.   iCloudの容量が十分にある

 

容量が不足している状態だと、バックアップが取れません。

 

容量が足りていないという人は要注意です。

 

 

スマホでも開ける

iCloudは、スマホでも使用することができます

 

USBでは、なかなかスマホで開くといったことはしません。

 

他のオンラインストレージサービスもスマホで使用できますが、iPhoneユーザーならiCloudが使いやすいです。

 

 

格安の月額料金

iCloudは、月額130円で50GBを使用することができます。

 

この料金で50GB使えるのは、かなりお得な料金設定となっています。

 

50GBあれば、ほとんどの場合は困ることはないです。

 

 

iCloudの容量の購入方法

iCloudの容量を増やすには、以下の6ステップでOK。

  1. 「設定」を選択
  2. 「iPhoneにサインイン」または名前を選択
  3. 「iCloud」→「ストレージを管理」を選択
  4. 「ストレージプランを変更」を選択
  5. 希望のプランを選択 → 右上の「購入する」を選択
  6. AppleIDのパスワードを入力

※支払い情報の登録は前もって行っておいてください。

 

 

まとめ:iCloudは容量を増やした方がお得

iCloudは月額130円を課金してでも、容量を増やした方がお得です。

 

iCloudにはたくさんの便利な機能が使えるので、ぜひ活用してみてください。

 

他にもサブスク型のお得なサービスを紹介しているので、特に大学生の方はご覧ください。

 

【無料体験あり】Amazon Prime Student〜メリット・デメリット・評判〜

【無料期間あり】kindkle unlimited〜メリット・デメリット・料金・評判〜

【学割あり】YouTubeプレミアムのメリット・デメリットは?〜料金・評判・登録方法〜

 

-LIFE

Copyright© さくれ BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.